ウーマシャンプーの通販情報サイト

MENU

頭皮のベタツキ解消にも活用しやすいウーマシャンプー

ベタツキ

髪が良くべたつく事も多いと思いますが、髪の根元もべたついていると頭皮のべたつきが原因である事がおおいようです。

 

またべたつきが気になるのでシャンプーの回数も多くなってしまう事もありますよね。

 

手の汚れが一回で取れない時には何回も洗ってしまうのと同じような感じだと思います。

 

手だと何回も洗っても特に変化がないかもしれませんが、頭皮とかだと何も変化がない方もいますが、洗浄成分なので頭皮の皮脂が流れ過ぎてしまう事もあるので、急激な乾燥が急激な皮脂の分泌に繋がる事もあるようです。

 

性別によってベタツキやすいなどあるの?

ベタツキ

男性の方がべたつく事が多い理由は女性に比べて体全体が一般的に皮脂量が3倍あるからです。

 

その分女性に比べて水分量が3分の1しかないそうです。なので肌や頭皮の表面をうるおう成分として水分ではなく皮脂でうるおってしまう事があります。

 

皮脂量が多く出てしまう理由にはシャンプーで皮脂を多く取り過ぎてしまう事で新たに皮脂を分泌しますが、うるおう成分として水分が少ないため多めに皮脂が分泌してしまう事が多いそうです。

 

皮脂が酸化したりすることで臭う事もありますので、酸化しやすいというのは必ずしも皮脂量だけでなく、ストレスなども関係しているので、シャンプーだけでは中々改善しないこともあるかもしれません。

 

頭皮のべたつき解消にはシャンプーも分けて使う?

ウーマシャンプー

市販シャンプーでも脱脂力が強いラウレス硫酸ベースの洗浄成分から頭皮の皮脂量を奪い過ぎないアミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選んでみると良いでしょう。

 

また1本に絞るのではなくアミノ酸系洗浄成分は価格も高いです。

 

逆に安いのはアミノ酸系洗浄成分が補助で使用されていたりしますので、用途に分けて使用してみると良いですね。

 

頭皮のべたつきは、整髪料のつけすぎとかで汗を大量にかいたというような生理現象以外では、皮脂量が多いとべたつきやすい傾向にあります。皮脂量が多いとべたつき以外にも頭皮から臭いが出やすく40歳以上になると加齢臭などが関係してきます。

 

スカルプケアが手軽にできるウーマシャンプーは頭皮のベタツキ以外の臭いなどの解消にも役立つので、綺麗さっぱり整髪料などを落として清潔な頭皮にしていきましょう。

 

シャンプーの使用量や使う製品を変えてみるなど工夫例

ウーマシャンプー

休みの日にあまり外出とかしない日があったとしたら洗浄力が弱いアミノ酸系洗浄成分のシャンプーを使用して行くとか、ワックスやスタイリング剤を多く使用する日はアミノ酸系のシャンプーで2度洗いする。

 

また週に一回は市販のシャンプーでシャンプーを行うなど用途別に分けてみると効果的です。

 

また頭皮のべたつきなど頭皮の環境を改善する場合男性だと髪の長さが女性に比べると短いのでシリコン不要のノンシリコンタイプのシャンプーも多いです。

 

コーティング剤はアミノ酸系シャンプーでは含まれているのがほとんどなので完全にコーティング剤を排除する場合は石鹸シャンプーを使用して行くと良いでしょう。

 

髪が短ければ石鹸シャンプーもあまり髪のきしみを意識することなく使えるので、頭皮のベタツキ解消にも良いですし、洗い上がり感がサッパリしているので良いかもしれません。

ウーマシャンプー通販