ウーマシャンプーの通販情報サイト

MENU

馬油とは?

馬油

ウーマシャンプーでもこうね馬油が使用されていますが、そもそも馬油とはどのような物質なんでしょうか?

 

昔から馬油は女性のスキンケア(今では化粧品の様な役割)に使用されていたり衣料品として火傷やけがをした際に民間で多く使用されていました。

 

特に肌荒れなど肌がカサカサした時に使用する保湿力もあるのが馬油なんですね。

 

また食用として使用できるので昔から民間で多く使用されてきました。

 

こうね馬油もそうですが、一般的な馬油でも人間の皮脂に近い事から、外部からのスキンケアでも肌の角質層の奥までうるおい感があるとも言われています。

 

セラミドが豊富な馬油

馬油

動物性油というと独特な臭みなど気になる面がありますが、抽出技術などの発達によって多く配合されても臭みがなく普段使用しやすいシャンプーも増えています。

 

肌のキメを整えるためにはセラミドが必要ですが、馬油にはセラミドが非常に豊富です。

 

また浸透性も良いのでスキンケア化粧品などにも良く使用されています。

 

スキンケア用に使用できる馬油ですが、必ずしもスキンケアに良い製品が頭皮ケアに良いという訳ではありませんが、オリーブ油や椿油など動物性、植物性オイルの両方は、頭皮ケアにも最適な成分です。

 

馬油シャンプーは良いの?

馬油

市販シャンプーで多く使用されている硫酸系洗浄成分はタンパク質の変形作用というのがあります。

 

変形作用には頭皮のセラミド流出などもあるそうで、インナードライを起こすとも言われているそうです。

 

よって人の皮脂に近い馬油シャンプーを使用する事でシャンプーの際にセラミド不足を促進する硫酸系のシャンプーに対し、うるおいを満たしてくれるオールマイティーに活躍してくれるシャンプーに早変わりです。

 

乾燥もべたつきもインナードライと言う奥の乾燥が問題なのでオールマイティーに活躍してくれるのが馬油シャンプーなんですよね。

 

後は馬油に関係なく、使用される洗浄剤の方が量が多くなるので、どのタイプのシャンプーを使用するかで変わってきますし、現在の髪の状態や頭皮の状態でベストな選択肢は変わってくるかもしれません。

 

ウーマシャンプー通販