ウーマシャンプーの通販情報サイト

MENU

シャンプーで主に使われているアミノ酸系洗浄成分の種類は?

シャンプーで主に使われているアミノ酸系洗浄成分の種類は?

アミノ酸系洗浄成分といっても種類があります。

 

より洗浄力など洗浄に向いているタイプやトリートメントとして使われるようなタイプなどあり、リンゴ酸など色々なタイプのアミノ酸系洗浄成分があります。

 

洗浄作用1つとってみても幅があります。

 

その中で主にアミノ酸系洗浄成分で使われているアミノ酸系洗浄成分を上げてみたいと思います。

 

アラニン系洗浄成分の特徴は?

アミノ酸系洗浄成分で主に使われている事も比較的多いのがアラニン系と呼ばれるタイプの洗浄成分です。

 

特に美容室の仕上がり感やフワフワ感などアミノ酸系を使用した人が実感しやすいタイプの洗浄成分です。

 

サラサラ感を出すのが得意なアミノ酸系洗浄成分です。よりシットリさせたい方はグルタミン酸ベースを使用されると良いですが、アラニン系など美容室でシャンプーしてもらった後のフワフワ感やサラサラ感が良い方は、アラニン系を選ぶと良いかもしれません。

 

グリシン系洗浄成分の特徴は?

アミノ酸系でもサッパリしたタイプなのがグリシン系と呼ばれるシャンプーです。

 

サッパリした印象があるアミノ酸系シャンプーですが、主成分として使用される事がほとんどないのが特徴です。

 

弱酸性にすると石鹸は泡立ちがなくなるくらい悪くなりますが、アミノ酸系も基本は弱アルカリ性の方が泡立ちが良い傾向があり、弱酸性にしても泡立ちがある程度維持できるのが特徴です。しかしグリシンだけは弱酸性の方が泡立ちが良いというのがポイントです。

 

シャンプーの数は非常に少ない訳ですが、頭皮ケアを考えた場合には、グリシン系は石鹸シャンプー以外に脂用とか汗をかきやすい方などに向いているかもしれません。

 

アスパラギン酸系洗浄成分とその他の特徴

その他にもアスパラギン酸などがあります。アスパラギン酸もあまり使われないタイプですが、ワンちゃんや猫ちゃんのシャンプーに使われやすいのも、カラー毛との相性が良い理由があります。

 

美容室シャンプーでたまに見かけるタイプですが、カラーをした方でも非常に明るい髪の方のメンテナンスに使いやすいです。

 

その他にもタウリン系というのがあります。タウリン系は、主にアミノ酸系の洗顔料で使われることが多いです。

 

ウーマシャンプー通販