ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

高級アルコール系の洗浄成分ってどういうの?

アルコール

高級アルコール系というシャンプーの洗浄成分の1つになります。

 

石油系洗浄成分やアミノ酸系洗浄成分に加えて石鹸系などシャンプーに使用されている洗浄成分は色々あります。

 

食器を洗う洗剤にも洗浄成分は使用されていますが、アルキルベンゼンスルホン酸など石油系洗浄成分が使用されている事も比較的あります。

 

シャンプーは刺激が少ないタイプで洗浄力が控えめなタイプが多いです。

 

理由は脂汚れを浮かせるためにあるものですから、食器に付く脂の方がより食器に頑固にへばりつくので、強力なタイプが使用されやすいです。

 

頭皮の食事で使われる脂がべっとりつくこともないですし、脂性といっても固体になって頭皮にへばりつくこともないので、比較的温和な高級アルコール系が使用されています。

 

高級アルコール系洗浄成分にはどのような種類があるの?

アルコール

石油系と混同されやすい高級アルコール系の洗浄成分ですが、主にラウリル硫酸やラウレス硫酸に加えてパレス硫酸などが含まれます。

 

石油由来と植物性由来の両方から生成できるというのもポイントで、主に現在では植物性から生成されています。

 

植物性から生成される洗浄成分では非常に洗浄力は高い部類に含まれます。

 

高級アルコール系の洗浄成分を主にメイン洗浄成分として使用しているシャンプーは主に市販で販売されているシャンプーが多いです。

 

以前はラウリル硫酸などが使用されていましたが、現在ではラウレス硫酸などが使用されています。

 

補助の洗浄成分としてベタインやアミノ酸系洗浄成分などが含まれています。また洗浄力が強い面もあり、シリコンなどのコーティング剤なども多く含まれています。

 

高級アルコール系の洗浄力を下げたい場合にはどうしたらよい?

アルコール

高級アルコール系のシャンプーを使用していて問題がない場合に加えて変更を考えている方もいるかもしれません。

 

高級アルコール系の洗浄力を低くするには、泡立てる際にお湯などの量を増やしたり、原液の量を減らすという工夫も出来ます。

 

またシャンプーを使わない日を設けたりして湯シャンにする日などを作ったりすることもできます。

 

シャンプー自体を変更する際は、カラーやパーマなどしていない場合にではアミノ酸系シャンプーに加えて石鹸シャンプーなども候補に挙がってくるかもしれません。

 

高級アルコール系シャンプーとアミノ酸系シャンプーでは主に価格が5〜10倍ほど違いもあるので、使用する量が多い場合には購入する頻度も多いので、費用対効果なども考える必要も出てくるかもしれません。


ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた体験談など紹介しているサイトです。主に色々なシャンプーを使用したことがあるので、ウーマシャンプーと他のスカルプシャンプーの違いなどもハッキリあるところとそうでないところがあったりします。やはり馬油を配合してあるので、少しウーマシャンプーの液体は、とろみ感があったりしますね。使用感なども使い勝手が良いのですが、シャンプーの洗浄成分には色々な種類があります。シャンプーでもスカルプシャンプーを使用する場合には色々な背景があるかもしれません。単に普段使用するシャンプーを変えたかったからというのもあるかもしれません。抜け毛が気になる人が育毛シャンプーからスカルプシャンプーに切り替えたというのもあるかもしれませんし、薄毛の対策のために育毛剤と育毛サプリを活用しながら頭皮ケアを考えた場合にスカルプシャンプーを使用するというのもあるかもしれません。また薄毛の治療でもAGAクリニックに通っている場合でも毎日シャンプーするので頭皮ケアに良いスカルプシャンプーを選択する場合もあるかもしれませんね。



ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談 リンク集

| 1 | 2 | 3 | 4 |