ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

グルタミン酸系洗浄成分の特徴は?

グルタミン酸系

アミノ酸系洗浄成分でも1、2を争うほどシャンプーの主洗浄成分として使用されている成分がグルタミン酸系と呼ばれるタイプです。

 

ココイルグルタミン酸やラウロイルグルタミン酸などグルタミン酸がつく洗浄成分は比較的多く使われています。

 

主にシットリしているというのが良くあてはまるタイプですすいでもぬめりが取れにくいタイプのアミノ酸系洗浄成分です。

 

頭皮や髪への吸着力も比較的強いため、男性だと洗い上がり感がスッキリしない印象を受けやすい特徴もあるでしょう。

 

メリットやデメリットはある?

グルタミン酸系

元々乾燥しやすいアトピーの方など向けでもあるという点などもあり、頭皮がべたつきやすい方が使用すると吸着性の高さから洗髪後に痒み等が出やすいのであまりおすすめ出来る洗浄成分ではないといえるでしょう。

 

特に脂漏性脱毛症や脂漏性皮膚炎など脂性フケを含む場合には相性が悪い傾向にあります。逆に頭皮が乾燥しやすい方やアトピーの方などには相性が良い傾向があります。

 

最近では頭皮ケア向きのシャンプーは、脂性向けや乾燥向けに分かれている場合がありますが、主に乾燥向けです。

 

グルタミン酸を使用したシャンプーは高級感があるタイプでもありますが、使用する方の頭皮の状態によって変わるというのが頭皮ケアを考えて使用する場合の特徴です。

 

グルタミン酸の中でもグルタミン酸Naやグルタミン酸TEAなど細かく分けると存在します。

 

TEAの方がよりシットリしやすい傾向がありTEAを使用している場合も多くみられます。少しシットリ感を抑えたい場合にはNaタイプの方が良いでしょう。

 

 

 

 

 


ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた体験談など紹介しているサイトです。主に色々なシャンプーを使用したことがあるので、ウーマシャンプーと他のスカルプシャンプーの違いなどもハッキリあるところとそうでないところがあったりします。やはり馬油を配合してあるので、少しウーマシャンプーの液体は、とろみ感があったりしますね。使用感なども使い勝手が良いのですが、シャンプーの洗浄成分には色々な種類があります。シャンプーでもスカルプシャンプーを使用する場合には色々な背景があるかもしれません。単に普段使用するシャンプーを変えたかったからというのもあるかもしれません。抜け毛が気になる人が育毛シャンプーからスカルプシャンプーに切り替えたというのもあるかもしれませんし、薄毛の対策のために育毛剤と育毛サプリを活用しながら頭皮ケアを考えた場合にスカルプシャンプーを使用するというのもあるかもしれません。また薄毛の治療でもAGAクリニックに通っている場合でも毎日シャンプーするので頭皮ケアに良いスカルプシャンプーを選択する場合もあるかもしれませんね。育毛関連ではスカルプケアも大事なためシャンプー選びも重要なのが育毛関連では常識に近くなってきましたね。



グルタミン酸系洗浄成分の特徴は? リンク集

グルタミン酸系洗浄成分の特徴は?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 |