ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

高級アルコール系洗浄成分が頭皮ケアにあまり向いていない理由は?

高級アルコール系洗浄成分

シャンプーでは高級アルコール系の洗浄成分が使用されていることが多いです。

 

一般的に販売されているシャンプーに使われていることが多いのですが、主に合成界面活性剤の事を示しているといわれています。

 

界面活性剤の特徴は、炭素数というなにより難しい言葉ですが、炭素数が多く分子量が大きいのが特徴です。

 

分子量が大きいというのは、実はシャンプーとしては良いメリットもあります。

 

高級アルコール系は刺激などが強いという面があり、分子量が小さいと浸透しやすくなってしまいます。

 

元々高級アルコール系と呼ばれる成分は吸収されやすい傾向にあるというのがあります。

 

分子量が大きいとそれだけ浸透しないですすぐだけで洗い流せる傾向があります。

 

ですので、一般的なシャンプーってすすぎ不足というのを実感しにくい傾向にあるのもそのためです。

 

価格とうまく釣り合っているかもしくはそれ以上という事になるので品質と価格という面では非常に優れていると言えます。

 

洗浄成分以外の問題点

高級アルコール系洗浄成分

しかし頭皮ケアという面で、頭皮トラブルを抱えているなどの場合に限って言えばあまり合わないタイプのシャンプーになるかもしれません。

 

洗浄成分では頭皮の油分を多くとってしまうという面も兼ね揃えていますが、その他成分がコーティング系でほとんど補われているというのが特徴かもしれません。

 

成分表を見ても分からない単語ばかりが並んでいるように見えることもあるかもしれませんね。

 

コーティング系成分が多くなってしまう背景には洗浄力が強いタイプのシャンプーは、洗髪中に髪のキューティクルが開いてしまい、石鹸シャンプーを使用している最中みたいに髪が絡まってしまいます。

 

そういった髪の絡みを緩和目的でコーティング剤などが配合されているという見方もできます。

 

シャンプーでコーティングしても洗い流してしまうので、コーティング性能を考えても無意味な成分だからです。

 

頭皮ケアであまり向いていないと考える場合に対象になりやすいのが、頭皮の痒みがある方や炎症が起きやすい方フケが気になる場合などが挙げられます。

 

 


ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた体験談など紹介しているサイトです。主に色々なシャンプーを使用したことがあるので、ウーマシャンプーと他のスカルプシャンプーの違いなどもハッキリあるところとそうでないところがあったりします。やはり馬油を配合してあるので、少しウーマシャンプーの液体は、とろみ感があったりしますね。使用感なども使い勝手が良いのですが、シャンプーの洗浄成分には色々な種類があります。シャンプーでもスカルプシャンプーを使用する場合には色々な背景があるかもしれません。単に普段使用するシャンプーを変えたかったからというのもあるかもしれません。抜け毛が気になる人が育毛シャンプーからスカルプシャンプーに切り替えたというのもあるかもしれませんし、薄毛の対策のために育毛剤と育毛サプリを活用しながら頭皮ケアを考えた場合にスカルプシャンプーを使用するというのもあるかもしれません。また薄毛の治療でもAGAクリニックに通っている場合でも毎日シャンプーするので頭皮ケアに良いスカルプシャンプーを選択する場合もあるかもしれませんね。育毛関連ではスカルプケアも大事なためシャンプー選びも重要なのが育毛関連では常識に近くなってきましたね。



高級アルコール系洗浄成分が頭皮ケアにあまり向いていない理由は? リンク集

高級アルコール系洗浄成分が頭皮ケアにあまり向いていない理由は?に関連するリンク集のページです。

| 1 | 2 | 3 | 4 |