ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

シャンプーの洗浄成分の種類は?

シャンプー

シャンプーは主に洗浄成分が配合されていることによって泡が出来て頭皮などを洗うことが出来ます。

 

これは泡が立つ洗浄成分に関係してきています。

 

なので、人工的な生成方法で作られてはいますが、原材料は天然成分という形で抽出されているものも多いものです。

 

泡が立って泡で洗う事で汚れを浮かすことが出来ます。汚れを浮かすことで汚れを取ることが出来ます。

 

ですので、食器を洗う際に使用する洗剤も同じであって体に使用する場合には洗浄成分の種類が異なるという事になります。

 

よく刺激が強いという風に言われたりすることもありますが、主に油を浮かせる力がどれくらいあるかというのも関係が深く、成分の粒子が細かいと皮膚などに浸透しやすいので刺激度が高いと言えます。

 

シャンプーで洗浄力が低ければある程度粒子が大きいとも言えるかもしれません。

 

シャンプーとしては機能しないけど洗浄作用があるものは?

洗浄成分

天然の口にするような食品でも泡立てることが出来る場合には、天然の界面活性剤の働きがあるようです。

 

卵とか泡立てる事が出来ますが、頭皮を洗ったりすることが可能なほど汚れを浮かすことが出来ません。

 

またオタネニンジンとか配合されていることが多いですが、オタネニンジンなども泡立つので界面活性剤の働きがあるようです。

 

メインで使用するほど洗浄力がないので、洗浄目的というよりも血行促進などの違う作用を期待して配合されている事も多いようです。

 

高級アルコール系やアミノ酸系などの洗浄成分の違い

種類

シャンプーを洗浄成分で区分けした場合には、高級アルコール系とアミノ酸系と石鹸系に大きく分かれます。

 

主に洗浄成分で分けていますが、シャンプーそのものの種類分けと同じように見えますよね。

 

アミノ酸系の部分には色々な種類が入り込んでいる場合もあります。

 

最近では色々なシャンプーの補助的な洗浄成分として使われることも多い、ベタインと呼ばれる糖質の洗浄成分があります。

 

主にベビーシャンプーに使用されている低刺激な洗浄成分です。

 

アミノ酸系洗浄成分とベタイン系の洗浄成分との洗い心地などの違いは?

洗浄成分

アミノ酸系とよく似た感じなので、最近では良く使用されている洗浄成分です。

 

アミノ酸系シャンプーでは、アミノ酸はたんぱく質を分解してできる成分で髪もケラチンでタンパク質ですから吸着してしまうというのがあり、すすいでもぬめりが取れなかったり、すすぎ残しが気になるような感覚などが起きやすいです。

 

ベタイン系はサッパリ感はさほどないですし、使用感もアミノ酸系シャンプーに似ていますが、すすぐ際には糖質なのですすぎ感も良いので、ベタイン系とアミノ酸系洗浄成分を組み合わせたものが多くなってきています。

 

アミノ酸系の洗浄成分を使用したウーマシャンプーでも泡立てる時間がかからないのも魅力

シャンプー

ウーマシャンプーは泡立てるのが非常に速いので洗浄力もやや高く刺激も抑えられています。馬油が配合されているので、頭皮が乾燥しやすい方にも使用しやすいです。

 

やはり頭皮の脂性や臭いが気になる方の方がベストマッチするという表現の方が良いかもしれません。

 

脂性の方に向いていて、乾燥しやすい方に向いていないという訳ではなく、脂性の方にはベストマッチして乾燥しやすい方でもマッチするという感じかもしれません。

 

どなたでも使いやすいという面はありますが、泡がたつまで時間がかからないので、シャンプーを切り替える際に違和感が少ないアミノ酸系シャンプーです。

シャンプーの洗浄成分の種類おすすめページ

シャンプーの洗浄成分の種類は?記事一覧

高級アルコール系の洗浄成分ってどういうの?

シャンプー」「洗浄成分

高級アルコール系というシャンプーの洗浄成分の1つになります。石油系洗浄成分やアミノ酸系洗浄成分に加えて石鹸系などシャンプーに使用されている洗浄成分は色々あります。食器を洗う洗剤にも洗浄成分は使用されていますが、アルキルベンゼンスルホン酸など石油系洗浄成分が使用されている事も比較的あります。シャンプーは刺激が少ないタイプで洗浄力が控えめなタイプが多いです。理由は脂汚れを浮かせるためにあるものですから、食器に付く脂の方がより食器に頑固にへばりつくので、強力なタイプが使用されやすいです。頭皮の食事で使われる脂がべっとりつくこともないですし、脂性といっても固体になって頭皮にへばりつくこともないので、比較的温和な高級アルコール系が使用されています。石油系と混同されやすい高級アルコール系の洗浄成分ですが、主にラウリル硫酸やラウレス硫酸に加えてパレス硫酸などが含まれます。 石油由来と植物性由来の両方から生成できるというのもポイントで、主に現在では植物性から生成されています。植物性から生成される洗浄成分では非常に洗浄力は高い部類に含まれます。

アミノ酸系洗浄成分の特徴は?

シャンプー」「洗浄成分

育毛や抜け毛が気になる方でも使用しやすいのがアミノ酸系洗浄成分を使用したアミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーは頭皮ケアに使いやすい傾向がありますが、アミノ酸系シャンプーはヘアケア向きとも言えるのも洗浄成分以外の部分でヘアケア成分が豊富かアミノ酸系洗浄成分が豊富かによって変わります。アミノ酸系洗浄成分で頭皮ケアに良い成分が豊富であれば頭皮ケアに向いているスカルプシャンプーと言えるでしょう。さて頭皮ケア向きでもヘアケア向きでもアミノ酸系洗浄成分が髪や頭皮に優しいと言われている理由としては元々と頭髪などアミノ酸がくっついて出来たタンパク質で構成されている点です。ある意味同じ特徴なわけですが、ただそれだけで相性が良いと言ってしまうのも無理やりすぎるかもしれません。色々異なるアミノ酸や同じアミノ酸がくっついて複数の分子が集まって構成されているのが1つのタンパク質です。ですので、くっつく作用が強いという事もあり、アミノ酸系洗浄成分自体が髪などを洗っている最中に保護してくれる役割みたいなのがあります。よってアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーをしようした事がある方は、中々すすぐときにヌルヌル感が取れないという実感を抱いたことがあるかもしれません。やはりくっつく作用が強いため中々すすいでもヌメリ感が取れないというのがあります。

グルタミン酸系洗浄成分の特徴は?

シャンプー」「洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分でも1、2を争うほどシャンプーの主洗浄成分として使用されている成分がグルタミン酸系と呼ばれるタイプです。ココイルグルタミン酸やラウロイルグルタミン酸などグルタミン酸がつく洗浄成分は比較的多く使われています。主にシットリしているというのが良くあてはまるタイプですすいでもぬめりが取れにくいタイプのアミノ酸系洗浄成分です。頭皮や髪への吸着力も比較的強いため、男性だと洗い上がり感がスッキリしない印象を受けやすい特徴もあるでしょう。元々乾燥しやすいアトピーの方など向けでもあるという点などもあり、頭皮がべたつきやすい方が使用すると吸着性の高さから洗髪後に痒み等が出やすいのであまりおすすめ出来る洗浄成分ではないといえるでしょう。特に脂漏性脱毛症や脂漏性皮膚炎など脂性フケを含む場合には相性が悪い傾向にあります。逆に頭皮が乾燥しやすい方やアトピーの方などには相性が良い傾向があります。最近では頭皮ケア向きのシャンプーは、脂性向けや乾燥向けに分かれている場合がありますが、主に乾燥向けです。

シャンプーで主に使われているアミノ酸系洗浄成分の種類は?

シャンプー」「洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分といっても種類があります。より洗浄力など洗浄に向いているタイプやトリートメントとして使われるようなタイプなどあり、リンゴ酸など色々なタイプのアミノ酸系洗浄成分があります。洗浄作用1つとってみても幅があります。その中で主にアミノ酸系洗浄成分で使われているアミノ酸系洗浄成分を上げてみたいと思います。アミノ酸系洗浄成分で主に使われている事も比較的多いのがアラニン系と呼ばれるタイプの洗浄成分です。特に美容室の仕上がり感やフワフワ感などアミノ酸系を使用した人が実感しやすいタイプの洗浄成分です。サラサラ感を出すのが得意なアミノ酸系洗浄成分です。よりシットリさせたい方はグルタミン酸ベースを使用されると良いですが、アラニン系など美容室でシャンプーしてもらった後のフワフワ感やサラサラ感が良い方は、アラニン系を選ぶと良いかもしれません。アミノ酸系でもサッパリしたタイプなのがグリシン系と呼ばれるシャンプーです。サッパリした印象があるアミノ酸系シャンプーですが、主成分として使用される事がほとんどないのが特徴です。弱酸性にすると石鹸は泡立ちがなくなるくらい悪くなりますが、アミノ酸系も基本は弱アルカリ性の方が泡立ちが良い傾向があり、弱酸性にしても泡立ちがある程度維持できるのが特徴です。しかしグリシンだけは弱酸性の方が泡立ちが良いというのがポイントです。

高級アルコール系洗浄成分が頭皮ケアにあまり向いていない理由は?

シャンプー」「洗浄成分

シャンプーでは高級アルコール系の洗浄成分が使用されていることが多いです。一般的に販売されているシャンプーに使われていることが多いのですが、主に合成界面活性剤の事を示しているといわれています。界面活性剤の特徴は、炭素数というなにより難しい言葉ですが、炭素数が多く分子量が大きいのが特徴です。分子量が大きいというのは、実はシャンプーとしては良いメリットもあります。高級アルコール系は刺激などが強いという面があり、分子量が小さいと浸透しやすくなってしまいます。元々高級アルコール系と呼ばれる成分は吸収されやすい傾向にあるというのがあります。分子量が大きいとそれだけ浸透しないですすぐだけで洗い流せる傾向があります。ですので、一般的なシャンプーってすすぎ不足というのを実感しにくい傾向にあるのもそのためです。価格とうまく釣り合っているかもしくはそれ以上という事になるので品質と価格という面では非常に優れていると言えます。しかし頭皮ケアという面で、頭皮トラブルを抱えているなどの場合に限って言えばあまり合わないタイプのシャンプーになるかもしれません。洗浄成分では頭皮の油分を多くとってしまうという面も兼ね揃えていますが、その他成分がコーティング系でほとんど補われているというのが特徴かもしれません。成分表を見ても分からない単語ばかりが並んでいるように見えることもあるかもしれませんね。


ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談について

ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談について

ウーマシャンプーを実際に使用してみた体験談など紹介しているサイトです。主に色々なシャンプーを使用したことがあるので、ウーマシャンプーと他のスカルプシャンプーの違いなどもハッキリあるところとそうでないところがあったりします。やはり馬油を配合してあるので、少しウーマシャンプーの液体は、とろみ感があったりしますね。使用感なども使い勝手が良いのですが、シャンプーの洗浄成分には色々な種類があります。シャンプーでもスカルプシャンプーを使用する場合には色々な背景があるかもしれません。単に普段使用するシャンプーを変えたかったからというのもあるかもしれません。抜け毛が気になる人が育毛シャンプーからスカルプシャンプーに切り替えたというのもあるかもしれませんし、薄毛の対策のために育毛剤と育毛サプリを活用しながら頭皮ケアを考えた場合にスカルプシャンプーを使用するというのもあるかもしれません。また薄毛の治療でもAGAクリニックに通っている場合でも毎日シャンプーするので頭皮ケアに良いスカルプシャンプーを選択する場合もあるかもしれませんね。


ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談 リンク集

| 1 | 2 |