ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーの使用感はどのような感じだったのでしょうか?

使用感

シャンプーはやはり毎日使用する人も多いと思いますので、とくに効果の次に使い心地を気にする事も多いと思います。

 

また使い心地が一番と感じる事も多いです。

 

やはり気持ちが良いシャンプーをして夜リラックスしたいですよね。

 

さて、ウーマシャンプーの使い心地はどうなのでしょうか?

 

ノンシリコンのシャンプーの特徴が色濃く出ているのも特徴

ウーマシャンプー

アミノ酸洗浄成分を使用しているのでヌメリ感があるのかと思いきや全くなくサラッとした感触が楽しめます。

 

すすぎ時もヌメリ感がなく逆にきしむ人もいるかもしれませんが、アミノ酸シャンプーでノンシリコンだからなのかもしれません。

 

シリコンで髪をコーティングしないため今までシリコンを使っていた方は若干キシミを感じる事もあると思います。

 

しかしある程度使用して行くとしっかりとしたコシが出てくると思います。

 

育毛に必要な25種類の成分などが豊富に含まれていて、匂いもほとんどしないのでメントールもバランスよく配合されているため毎日の頭皮ケアに良いシャンプーだと思いますよ。

 

 

ウーマシャンプーの泡の感じは?

使用感

アミノ酸シャンプーは手に取った時にヌメリ感がありますが、そんな事もなく泡立ちは簡単です。

 

アミノ酸系特有の中々泡立ちにくいという面がありますが、ウーマシャンプーの場合には、泡立つまでのスピードが非常に速く、泡の量も非常に豊富なので、結構高級感ある泡立ちが期待できます。

 

またシャンプーしている時もより泡立ってくるので泡の量は豊富ですね。

 

原液のまま使用しても全然良いのですが、私は手で若干泡だててから少しお湯を入れてあげてからシャンプーしてマッサージする様な感覚で洗っています。

 

アミノ酸シャンプーでも特に泡立ちが良く頭皮全体にいきわたりやすいのでシャンプーで中々泡立てる事ができない方でも安心して使用する事ができます。

 

 

ウーマシャンプーの洗浄力は?

ウーマシャンプー

アミノ酸系の洗浄成分を使用しているので比較的マイルドな洗浄成分ではあると思います。

 

洗浄成分はマイルド過ぎると汚れが落としきれない事もあるんですよね。

 

皮脂は落とし過ぎないと良いのですが、肝心な皮脂は汚れや埃との吸着性が高いので純粋な皮脂ってなかなかないのが現状です。

 

そのため洗浄力が高いオレフィンスルホン酸をベースに刺激が少ないアミノ酸系洗浄成分を補助成分に使用しているのではないかと考えられます。

 

保湿系成分や頭皮環境改善成分が豊富なので男性が頭皮ケアをしていく中で1つのシャンプーでバランスよく行うのは結構難しいです。

 

頭皮のべたつきや逆に乾燥している人にもおススメできる能力の高いアミノ酸シャンプーになっています。

ウーマシャンプーの使用感おすすめページ

ウーマシャンプーの使用感はどのような感じだったのでしょうか?記事一覧

ウーマシャンプーの使用感

メントール配合で爽快感もあるウーマシャンプーの特徴

シャンプー」「使用感

ウーマシャンプーは馬油をたっぷり使用したネットでも人気のシャンプーです。特に育毛剤を使用していたり育毛を考えている人から人気になっているようです。アミノ酸系洗浄成分を使用しているので頭皮環境を改善したい人やまた頭皮が弱い方など安心して使用できるので育毛以外の人からも人気です。特に育毛を感じさせないパッケージが人気を呼んでいる事も考えられます。パッケージもシンプルですが、使用する際もシンプルに使用していけるので、逆に言えば、ガッツリ原液を使用する人もそうでない人など幅広く使用していけるというのが特徴です。頭皮ケア目的というと頭皮に何か問題がある場合に使用する事もあるかもしれませんが、特にそうでなくてもフラッと使用できるのもシンプルだからかもしれません。ウーマシャンプーで使用されている馬油はスキンケア化粧品でも使用されている肌の皮脂と非常に似ている事で知られています。通常の馬油ではなくこうね馬油を使用する事で浸透性も高く、頭皮の環境を改善して行く上で非常に有益であると言われています。また馬油を使用してベトベト感やアミノ酸系洗浄成分を使用するとヌメリ感がすすぐ時にありますが、それらがないのもウーマシャンプーの特徴です。

頭皮のベタツキ解消にも活用しやすいウーマシャンプー

シャンプー」「使用感

髪が良くべたつく事も多いと思いますが、髪の根元もべたついていると頭皮のべたつきが原因である事がおおいようです。またべたつきが気になるのでシャンプーの回数も多くなってしまう事もありますよね。手の汚れが一回で取れない時には何回も洗ってしまうのと同じような感じだと思います。手だと何回も洗っても特に変化がないかもしれませんが、頭皮とかだと何も変化がない方もいますが、洗浄成分なので頭皮の皮脂が流れ過ぎてしまう事もあるので、急激な乾燥が急激な皮脂の分泌に繋がる事もあるようです。男性の方がべたつく事が多い理由は女性に比べて体全体が一般的に皮脂量が3倍あるからです。その分女性に比べて水分量が3分の1しかないそうです。なので肌や頭皮の表面をうるおう成分として水分ではなく皮脂でうるおってしまう事があります。皮脂量が多く出てしまう理由にはシャンプーで皮脂を多く取り過ぎてしまう事で新たに皮脂を分泌しますが、うるおう成分として水分が少ないため多めに皮脂が分泌してしまう事が多いそうです。皮脂が酸化したりすることで臭う事もありますので、酸化しやすいというのは必ずしも皮脂量だけでなく、ストレスなども関係しているので、シャンプーだけでは中々改善しないこともあるかもしれません。

頭皮のベタツキ解消にはシャンプー以外に食事も重要?

シャンプー」「使用感

頭皮のべたつきはシャンプー選び以外にも食事やシャンプーのやり方など生活習慣も関係しています。食事では特に脂肪分などの栄養バランスが考えられます。脂肪でも不飽和脂肪酸と呼ばれる善玉コレステロール不足があります。特に肉類の脂肪は飽和脂肪酸と呼ばれる血液がドロドロしやすい脂肪ですが、魚介類の脂肪やオリーブオイルなどのオレイン酸は血液をサラサラにしてくれる栄養素です。食事でもサラサラ感のある不飽和脂肪酸が多い食事を考えてみましょう。皮脂の分泌などは肝臓も関わってきているので、アルコールの取り過ぎなども皮脂の分泌量が多くなったり、逆に乾燥したりすることも考えられるかもしれません。解毒作用の機能もあるので、色々な機能がある肝臓ですから、代謝などにも関係していますので、肝臓を労わることも頭皮ケアには欠かせません。育毛など発毛に重要や医薬品でも肝臓の機能が大切なので、やはり頭皮は表側ですが、内臓など内側の事も考えた食生活などを含めた食事も考えていきたいところです。皮脂の量が多い場合には、脂漏性皮膚炎など食事だけでは改善できない場合などもあり、またシャンプーとかで改善とかというよりはちゃんとクリニックなどで受診して治療を優先していくというのが大切かもしれませんね。

頭皮の加齢臭の解消にウーマシャンプーは活用しやすい?

シャンプー」「使用感

加齢臭は頭皮からも臭いを発生させるので枕元が臭ったりする事も多い様です。加齢臭は脇など体臭としても臭いを醸し出しますが、頭皮からの臭いにも悩まれている事も多いんですね。頭皮の加齢臭を含めた臭いでは、頭皮から直接臭い場合と髪などに外部から埃などが付いて臭う場合があります。特に加齢臭の様に頭皮から直接におう場合は頭皮環境が悪化し、フケやべたつきなどもある場合も多いです。加齢臭を代表とする頭皮の環境はシャンプーなどの外部的な要因も大切ですが、食事や運動などの生活習慣の要因も大きいんですね。40歳を境に生活習慣病が増えるなど体の面も大きく変わる年齢なので、健康面を考えた生活をすることで少なからず加齢臭にも良い影響が出るかもしれません。よってシャンプーだけで改善する場合もありますが、やはり食生活などの改善なども非常に大切になってきます。加齢臭が頭皮に多いのは皮脂腺が多いからなんですね。臭いの元になるワキや背中などは皮脂腺が多いです。皮脂腺の所に毛穴があるので背中だと産毛、脇だと脇毛など毛根や毛髪などが多い場所です。特にマッサージなど皮膚や体の興奮閾値を下げるマッサージなどを行いながらシャンプーなどを変えてみると良いですね。

馬油とは?

シャンプー」「使用感

ウーマシャンプーでもこうね馬油が使用されていますが、そもそも馬油とはどのような物質なんでしょうか?昔から馬油は女性のスキンケア(今では化粧品の様な役割)に使用されていたり衣料品として火傷やけがをした際に使用されていました。特に肌荒れなど肌がカサカサした時に使用する保湿力もあるのが馬油なんですね。また食用として使用できるので昔から民間で多く使用されてきました。こうね馬油もそうですが、一般的な馬油でも人間の皮脂に近い事から、外部からのスキンケアでも肌の角質層の奥までうるおい感があるとも言われています。動物性油というと独特な臭みなど気になる面がありますが、抽出技術などの発達によって多く配合されても臭みがなく普段使用しやすいシャンプーも増えています。肌のキメを整えるためにはセラミドが必要ですが、馬油にはセラミドが非常に豊富です。また浸透性も良いのでスキンケア化粧品などにも良く使用されています。スキンケア用に使用できる馬油ですが、必ずしもスキンケアに良い製品が頭皮ケアに良いという訳ではありませんが、オリーブ油や椿油など動物性、植物性オイルの両方は、頭皮ケアにも最適な成分です。

育毛でも抜け毛予防でもウーマシャンプーは活用しやすい?

シャンプー」「使用感

育毛シャンプーは頭皮環境を改善する様な育毛成分であるセンブリエキスなどの生薬が配合されているシャンプーが主流ですが、アミノ酸系洗浄成分などを使用しているので頭皮に優しいシャンプーでもあるんですよね。ですのでパッケージが抜け毛や薄毛の方が使用する様なパッケージではない場合、少し価格は張りますが、抜け毛予防や通常のシャンプーに使用しても良いのですよね。育毛シャンプーでは育毛剤でも有効成分と言われているグリチルニチン酸ジカリウムやセンブリエキスなど配合されているのでシャンプー中の刺激を防ぎ抜け毛を減らすような役割があるそうです。育毛剤を使用している人はよりシャンプーで汚れを落とし毛根に汚れがこびり付いていない状態の方が育毛剤の浸透も良くなるのでシャンプーの方にも目を向けてみてくださいね。特にウーマシャンプーは育毛シャンプーとしても非常に人気になっているし、女性の頭皮の乾燥にも良いみたいです。日本古来より使用されている馬油はやはり良いみたいですね。育毛剤にはアルコールなど乾燥しやすい成分も含まれている場合もあるので、過剰に洗い流すタイプや刺激が強いタイプのシャンプーよりアミノ酸系の方が育毛剤を使用している場合には良いかもしれません。

無添加シャンプーの利点について書いてみました

シャンプー」「使用感

無添加シャンプーというと今では様々な製品があります。無添加シャンプーには化学物質が使用されていない完全無添加と呼ばれるシャンプーから旧表示指定成分の1つを外して無添加と呼ばれるシャンプーが数多く存在するので実際にどれが無添加が良いのか分からない場合も多いですよね。できれば体に害がない自然派シャンプーと呼ばれるシャンプーを使用して行きたい所です。しかしケミカルと自然派でもケミカルの方が刺激が少なく安全だったりする事もあります。無添加シャンプーでアミノ酸系洗浄成分だと弱酸性に保たれているため頭皮には優しいのですが、アルカリ性で石鹸自体に殺菌能力があるため防腐剤が少ないと言われています。弱酸性は雑菌が沸きやすいので防腐剤なども配合されています。自然派や無添加シャンプーにありがちなのは、パラベン不使用というのも多いです。パラベンは旧表示指定成分に指定されているので悪いイメージもあります。パラベンでアレルギーがない方にとっては1%も配合されている事もないですので、エタノールに比べると防腐剤の量を抑える事ができます。

油分を使って髪の艶を出したりするのは良い?

シャンプー」「使用感

日本では古来より洗髪と言うと美を意識した女性と言うイメージがありますが、当時髪に使用するシャンプーと言うのはなかったので油などを使用していました。化学製品でシャンプーなどが出るまえは、抜け毛や薄毛よりも毛じらみなどの悩みが多く、シャンプーなどが出てきてから毛じらみなどの悩みは大きく減り薄毛や抜け毛の悩みが増えていったそうです。馬油もそうですが、米ぬかなどの今ではオリザノールと言う物質が含まれているのを知られていますが、米ぬかの油分ですよね。これらは天然の界面活性剤の働きがある事が知られています。またシリコン等もなかったので油分によるツヤなどで髪をキレイに保っていたそうです。今でも艶が出やすいビタミンEなども豊富な植物性オイルなどはシャンプーやトリートメントで多く配合されています。ウーマシャンプーにも馬油が配合されているのでシリコンの様な人工的な髪のツヤや頭皮へ油膜を張る事なく健やかな土壌に導きやすい特徴があるんですよね。シャンプーでも様々ありますが、洗浄成分の違いもそうですし、クレンジングシャンプーなどに代表される地肌や毛穴のケア向きのシャンプーもあります。市販シャンプーでは高級アルコール系洗浄成分を使用していてシリコンでコーティングする人工的な髪の輝きをある意味コンセプトにしてあるシャンプーです。シンプルなので、使用していける年齢層など幅広いですが、クレンジングシャンプーを使用したいなどシャンプーでカバーしづらい部分は他のシャンプーと変わらないので、そういった場合は違う製品もうまく組み合わせて使用していくと良いかもしれません。

ネットでもよく見かける美容室シャンプー

シャンプー」「使用感

美容室のシャンプーでもシリコンなどの配合シャンプーはありますが、もともと美容師さんはシャンプーを一日に何回も行う為高級アルコール系のシャンプーだと手の皮がむけたり、荒れたりするので刺激の少ないシャンプーを使用しているのと関係があるらしいです。手があかぎれ等になってしまうと石鹸でもシャンプーでも染みるように痛いので、嫌になる痛みですよね。今ではクレイシャンプーや炭シャンプーなど洗浄成分にも天然の毛穴の汚れが落ちやすい成分が含まれているのが多くなってきました。なので高級アルコール系シャンプーに比べるとかなり割高感がありますが、地肌の事などを考えると刺激の弱いシャンプーのほうが毎日ケアするので良いのではないでしょうか。その点ウーマシャンプーは生薬もバランス良く配合されているので頭皮環境が整いやすいですよね。メントールなどが入っているシャンプーでもウーマシャンプーは少量なのでスカッとすると言うよりも気持ちが良いという感じのマイルドなメントールの感じがシャンプーの出来の良さを感じます。高級アルコール系も弱酸性のシャンプーですし、天然由来の一般的にマイルドなシャンプーも弱酸性なので肌と同じ弱酸性でも刺激のあるタイプから少ないタイプの両方が存在するのでウーマシャンプーの様に刺激の少ない頭皮ケア向きのシャンプーを選びましょう。洗浄力というとやはり使用してみないとハッキリ実感できるわけでもないですし、爽快感があるとよく汚れが取れているという場合に繋がりやすいので良いシャンプーと思われがちですが、あまり洗浄力の違いというのはハッキリ実感できるというのは少ないかもしれません。

シャンプーの回数が多くなると頭皮の皮脂の取り過ぎに繋がる?

シャンプー」「使用感

頭皮の臭いやべたつきなどを感じる方はどうしてもシャンプーの回数が多くなりやすくキレイに清潔に保とうとしやすいのですが、シャンプーの刺激が強い高級アルコール系のシャンプーの原液をたっぷり頭皮を洗ってしまうとより脱脂力が強すぎて皮脂の過剰分泌に繋がりやすいです。髪も痛みやすくハリ・コシなども失われやすく頭皮も荒れやすいので力ず良い毛髪が育ちにくくなるんですよね。そうするとも抜け毛に繋がりやすいので、アミノ酸系で頭皮をケアしやすい保湿重視のウーマシャンプーを使用して行くことが大切でしょう。洗いすぎると乾燥しやすいという面はありますが、急激に皮脂が分泌しやすいなどもよく聞かれます。頭皮が臭いやすいのは特に夕方以降など髪を洗ってから時間が立っているというのも考えられますが、ストレスなど皮脂の分泌に関係する身体の部分や、皮脂自体が臭うまでの時間の短さなどもあるので、一概に皮脂の分泌量が多ければイコール頭皮が臭うという事もないようです。頭皮が乾燥していても乾燥したような乾いた臭いというのもあるので、頭皮が臭うという事で緊張感など自律神経などにも悪い影響を与えているというもあるかもしれませんね。皮脂を取り過ぎても過剰に分泌しますし、男性型脱毛症でも皮脂の過剰分泌がされるので抜け毛が両方とも多くなりやすいですから、皮脂を取り過ぎない不飽和脂肪酸が豊富なエキスなどが配合されているシャンプーを選ぶと良いでしょう。

ウーマシャンプー以外にも馬油シャンプーはある?

シャンプー」「使用感

馬油を配合したシャンプーは、ウーマシャンプー以外にも色々あります。どんどん新しい製品が出てきているわけではありませんが、馬油配合のシャンプーが出てきては消えてというのもないので、ロングセラーになっている馬油シャンプーが多いのが現状かもしれません。馬油シャンプーはシャンプーの中でも、配合されている量に違いがありますが、主に洗浄目的で使用するわけではないので洗浄成分の方が配合量が多くなります。そのため主成分でもある洗浄成分が主に違うシャンプーがウーマシャンプーとの違いとなってくるかもしれません。比較的昔からあるタイプのシャンプーなので、高級アルコール系のサッパリしたタイプのシャンプーも人気となっています。価格帯も比較的安いタイプも多く業務用などもネットでは購入できますが、量も多いタイプも人気なので、通常購入して帰ると重い場合でもネットであればスムーズです。通販では熊野油脂から販売されている馬油シャンプーも人気の様です。男女共通して使用できるシンプルなデザインですし、また今人気のノンシリコンタイプのシャンプーなので、馬油の良さも生きてきやすいのも人気がある証拠なのかもしれません。

正しいシャンプーの方法は?

シャンプー」「使用感

育毛や頭皮のフケなどの悩みがある場合には良質なシャンプーを使用する以外にシャンプーの方法をしっかりしていく事が大切です。正しい洗髪をしていく事でシャンプーを変えなくても頭皮の環境が良くなる場合もあります。もちろん良質なシャンプーを使いながら行えばより良い効果が得られるというのも考えられます。逆に良質なシャンプーを使用していても洗髪が良い方法で行われてない場合には、あまり効果的とも言えなくなるでしょう。それではどのような洗髪方法が良いかというと、まずはお湯の温度の調節が大切になります。熱すぎるお湯は髪に良くない傾向があります。熱すぎるとすすぎの回数なども少なくなりますし、シャンプー液を頭皮や髪に付ける際にはなるべく前洗いとして湯シャンみたいな状態で汚れなどを落としておくのが大切になります。次にシャンプーで頭皮を洗っている時間を減らす事です。そのために前洗いの様に湯シャンをしておくことが大切なわけですが、良質なシャンプーでも洗浄成分を使用しているので、洗浄成分は脂を浮かす事なので、洗い過ぎというよりも油が浮きすぎてしまうというのもあります。またシャンプーを手に取った際に原液ですが、原液のまま頭皮に付けない事です。しっかり手の平で泡立ててから使用するようにしましょう。

秋ごろに抜け毛が増えやすくなる理由は?

シャンプー」「使用感

抜け毛が急に増えたりすることもありますが、その際は何か季節など気候が関係したりすることもあるのでしょうか?一般的には男性型脱毛症と呼ばれるAGAは基本的には1年じゅう抜け毛が続く状態といわれています。特に医師ではないですから、どのように抜け毛が多くなったかというのが分かり易い例として、洗髪中に手の平に抜け毛がよく混じるようになったなどが挙げられます。また寝る際に使用する枕の周りなどに抜け毛が多くなっているというのもあるかもしれません。一時的な抜け毛などありますが、おおよそ薄毛に繋がるリスクに関係ない方でも100本あたりは抜け毛として髪の寿命を迎えるようです。


ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談

ウーマシャンプーを実際に使用してみた体験談など紹介しているサイトです。主に色々なシャンプーを使用したことがあるので、ウーマシャンプーと他のスカルプシャンプーの違いなどもハッキリあるところとそうでないところがあったりします。やはり馬油を配合してあるので、少しウーマシャンプーの液体は、とろみ感があったりしますね。使用感なども使い勝手が良いのですが、シャンプーの洗浄成分には色々な種類があります。シャンプーでもスカルプシャンプーを使用する場合には色々な背景があるかもしれません。単に普段使用するシャンプーを変えたかったからというのもあるかもしれません。抜け毛が気になる人が育毛シャンプーからスカルプシャンプーに切り替えたというのもあるかもしれませんし、薄毛の対策のために育毛剤と育毛サプリを活用しながら頭皮ケアを考えた場合にスカルプシャンプーを使用するというのもあるかもしれません。また薄毛の治療でもAGAクリニックに通っている場合でも毎日シャンプーするので頭皮ケアに良いスカルプシャンプーを選択する場合もあるかもしれませんね。



ウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談 リンク集

| 1 | 2 | 3 | 4 |